夢幻世界の住人

今日は又えらいドラマティックな夢を見た。
どうせうまくは書けないが、メモる程度に書いておこう。

儀式の御子

全体的な雰囲気はケルティックな感じがしたかなぁ?
地下の大空洞にある「儀式の間」*1で、
新月の夜に「儀式の御子」を2人以上そろえて儀式を行うと
「夢幻世界」にパラダイムシフトできる。
というのが主軸。
因みに、「夢幻世界」で「試練」を乗り越えると「夢幻世界の住人」になることが出来、
永遠の命と幸福が約束される・・・と儀式長さんが言ってました。
ただ、その「試練」がやたら困難だったと記憶しています*2
前回の「試練」ではダイナソーと戦って負けた気がします。
というか、この儀式が始まって以来、成功者は一人もいなかったはず。
因みにぼくも、なぜか「儀式の御子」の一人でした。
2回目の挑戦だから・・・ということなのかなぁ?選考基準が不明。
そうそう、この儀式には致命的な欠点があってね・・・、
ま、それは後で話そう。

第2幕(一番最初がすでに2幕 1幕は忘れた)

なぜか深夜の巨大駐車場から始まる。
この駐車場はハイテクで、
夜中にまでとめているクソったれな車を自動的に排出する機能を持っていたので、
ぼくら*3はそれを飽きもせず眺めていた。
と、やおら黒雲が集り怪しげな雰囲気に・・・
「敵だ」と謎のストライダーさんが言うまもなく黒い雲が怪しい物の怪を吐き出してきた。
勝ち目が無いと踏んだぼくらは、屋上にある非常電話で
「あー、もしもし○○*4運送?緊急事態発生、至急輸送(救出)を頼む」と、のっけから人頼み。
しかし、待っている暇が無いくらい自体は逼迫していたので、屋上から飛び出して逃げることにした・・・

第3幕

屋上から飛び出したはいいものの、夢にありがちな「一生懸命進んでいるのに前に進まない」により、ストライダーさん達に置いてきぼりを食らう。
なんとか彼らが入ったと思わしき病院のような施設に入ることが出来たが、追っ手の一個中隊*5目の前だ。
切羽詰ったぼくは通常ではありえない回避を行った。
つまり、『カメラマン(観測者)』になった。
夢の中で、最初は自分の目で見ていたはずなのに、いつのまにか「自分の斜め後ろ」からの視点になったりしたことはないかい?
ぼくは、つまり、それになった。
こちらは観測者なのであらゆる捜索から回避!
すごい。
この裏技は応用が効きそうなので別の夢でも機会があったら使ってみよう。
とりあえず夢の続きは、画面から「ぼく」が居なくなったので兵士をメインで映すようになった。
「たいちょー、どこにもいませーん」
「そんなはずは無いもっとよく探せ」
「屋根裏にもいませーん」
「バカモン、気合が足らんぞ」
「たいちょー、床に怪しい空間がありますー」
「おい、貴様この建物の責任者だろうこれはどういうことだ」
「いえ、これはただの物置ですよ?」
狭い物置のような床下の空間をイヤイヤながら進む兵士・・・
やがて広い空間、地下大空洞に出るのであった
「何だこの施設は!」
「はぁ、これはただのセンターから物資を地下を使って輸送するための施設ですよ」
なるほど確かにどんどん奥のほうに荷物が勝手に動いていっている。
しかし、反対側のほうは未開発の岩盤むき出し。
ぼくはこの先が「儀式の間」だと「知っていた」ので、「カメラマン」をやめてさっさと奥に進むのだった。

第4幕

「儀式の間」にはすでに人が集まっていた。
「遅いぞ、君が最後だ。御子がそろわないと儀式が出来ないではないか」
と、儀式長さんに怒られた。
でも、ストライダーさんはなぜか居なかった。
とりあえず新月が出るまで待っていたら、どうも追っ手に追いつかれたらしい。
「霧を出してやり過ごそう」とは儀式長の談。
でも儀式長さんよ、『ここが怪しい』ってバレてるのに霧を出して視界を悪くしても意味がありませんぜ?
とうとう見つけられてブチキレた儀式長さんは
「君たちにも夢幻世界の住人になる資格を与えよう!」
とか言って儀式のための清めの水を出しやがった。
その隙(?)に我々は儀式を慣行。
儀式の内容はいたって簡単。
輪になって、手をつないで胸の辺りまで上げて、精神を集中し・・・
パンパン!と手を2回打つ。
なんだそりゃ、なめてんのか。
とりあえず、次々と消えていく仲間たち。
そこで・・・、この儀式の致命的な欠点が発動。
というか、だ。
この儀式は「パラダイムシフトする権利を持つもの2人のうち、ランダムな一方をシフト(転移)する」というものらしくて。
ええと、『必ず一人シフト(転移)できない奴が出来る』んですよ。
ええ。
ダメでした。
見事に取り残されました。
後に残されたのは大量の兵士に取り囲まれたぼく一人。
仕方が無いので、「カメラマン」よりも非道な手段。デウスエクスマキナ
『夢から覚める』により見事に脱出に成功。
まさに外道
夢から覚めての第一声は
「なんだこりゃ?」

*1:でも地底湖の真ん中に鋲が打ってあるだけだった

*2:そう!ぼくは以前の夢でこの「試練」にチャレンジしていた!

*3:ぼくと謎のストライダーさんともう一人の御子

*4:何て言ったか分からない

*5:いつの間にか、追っ手は現代風の兵士になっていたはもう