備えあれば憂いなし

備えと言うものは
いつ何時、田倉さんが
「御無礼、拙僧触手が不足しておりまして・・・もし宜しければわけて頂けませんか」
と言われたときに
「お任せあれ、私めの触手を存分にお使いくだされ」
と言えるように、触手を貯めておくこと
そういうようなことを言うのではなかろうか